100年を超える実績と信頼 大崎建設株式会社

会社概要

概要

会社名 大崎建設株式会社
本社所在地 〒112-0004 
東京都文京区後楽1丁目7番12号 林友ビル2F
TEL 03-5805-5011
FAX 03-5805-5015
創業 1902年1月(明治35年1月)
資本金 1,000万円
代表者 代表取締役社長 大﨑 精一郎
許可番号 東京都知事許可(般-29)第117343号
土木工事業、建築工事業、とび・土工工事業、大工工事業 、鉄筋工事業、舗装工事業、水道施設工事業、左官工事業、解体工事業
労働者派遣事業 派13-312554
従業員 社員141名(2020年4月1日現在)
事業内容 ・土木、建築、内装工事の請負、設計、施工、監理
・建物及び附属施設の保守管理清掃及び補修
・土木建築資材の加工ならびに販売
・労働者派遣事業
・産業廃棄物の収集運搬業務
・前各号に付帯する一切の業務
主要取引先 清水建設株式会社
取引銀行 三菱UFJ銀行 田町支店

事業所案内

事業所名 住所 TEL
FAX
東北営業所
地図
〒981-3117
宮城県仙台市泉区市名坂字石止1番1号プリマベーラ市名坂101号
022-375-4381
022-375-4806
労務部事務所/切偲寮
地図
〒179-0075
東京都練馬区高松5-16-14(大崎建設切偲寮101)
03-5923-9471
03-5923-9472
氷川台事務所/氷川台寮
地図
〒179-0084
東京都練馬区氷川台2丁目6番5号
-
-
大戸事務所
地図
〒194-0211
東京都町田市相原町4614
042-783-0276
042-783-0286
技術研究所試験室
地図
〒194-0211
東京都町田市相原町4616
03-5805-5011
03-5805-5015

沿革

沿革1東武鉄道浅草駅乗り入れ工事(1930年)

沿革2初代(中央)を囲んで(1935年)

沿革3日本橋浜町本社右側4階建て(1948年)

1902年 初代大崎喜三次が個人経営として北九州小倉に大崎組を創業
1917年 合資会社大崎組を東京都中野区に設立
1948年 合資会社大崎組を改組し、大崎建設株式会社を設立
本社を日本橋浜町に移転
小松製D80及び神戸製15K・22Kの国産ブルドーザー、掘削機械導入
1960年 国内初コンクリートポンプ車USホワイトS/Dを都文化会館で導入
1966年 新社屋を東京都渋谷区代々木に新築し、移転
1980年 定置式コンクリートポンプ 三菱重工㈱と共同開発し、東電柏崎原発で採用
1992年 油圧式開閉式バケットを開発し、東電豊洲変電所で採用
1995年 コンクリート圧入工法機械開発(特許取得)
1999年 (平成17年特許取得)
無公害地盤圧密加速材(コーンα)開発
各種臭気分解消臭処理剤(臭バスター)開発
2002年 旧大崎建設株式会社(代々木建設(株)へ社名変更)から分割し、大崎建設株式会社(新設会社)を設立、専門工事部門を継承本社を東京都港区芝浦に置く
2008年 基幹社員制度発足
2009年 本社を東京都文京区後楽に移転
2010年 技術研究所開発の「コーンα」が国土交通省の『NETIS(新技術情報提供システム)』へ登録完了
2016年 社員寮「切偲寮」完成
2019年 労働者派遣事業許可取得


Copyright©OSAKI CORPORATION All Right Reserved.